生理の前にやってくる不調はPMS

女性にとって生理痛はとても辛いものです。しかし…その生理の前にやってくるのがPMS(月経前症候群)です。PMSの症状が辛く生理痛もあるとなると1か月のほとんどが不快な状態になってしまいます。これを低用量ピルで改善させていきましょう!

*

生理痛やPMSの症状を軽減する低用量ピル「トリキュラー」とはどんな薬なのか?

生理痛やPMSの症状を軽減するトリキュラーは、ドイツのバイエル薬品株式会社が販売する経口避妊薬であり、日本の国内で最も使用されています。

トリキュラーは、黄体ホルモンのプロゲステロン様相の人工ホルモン剤レボノルゲストレルと卵胞ホルモンエストロゲン様相の人工ホルモン剤エチニルエストラジオールを配合する排卵抑制作用を主作用とする漸増型の低用量ピルです。

黄体ホルモンで生理中と勘違いさせる

レボノルゲストレルは、間脳の視床下部及び脳下垂体の指令により副腎皮質から分泌され月経の周期を決めるプロゲステロン様相の働きをする人工ホルモン剤であり、このホルモン剤の体内濃度を上昇させる事で月経期と勘違いさせて、避妊効果を示します。

又、この経口避妊薬は漸増型のため、月経周期初期には摂取量を最低限まで削減し、月経周期後半に摂取量を増加させる事で、1回の月経周期あたりの人工ホルモン剤の摂取量を必要最低限に調整し、より自然なホルモンバランスを実現しています。

そのため従来の避妊薬と比較して、吐き気や胃痛など胃部の不快感が少なく安心して服用出来る安全性の高い経口避妊薬とされています。

卵胞ホルモンで妊娠中と勘違いさせる

エチニルエストラジオールは、脳の視床下部が脳の下垂体を刺激する事で副腎皮質から分泌されるホルモンの1つであり、エストロゲン様相の働きをする人工ホルモン剤であり、卵巣内の卵胞を成熟作用や頸管粘液の分泌促進作用、着床のための子宮内壁の肥厚作用、自律神経の調整作用、基礎体温の低下作用など多岐にわたる効果があります。

エチニルエストラジオールは、子宮内膜を肥厚させる作用により疑似妊娠状態を形成し、脳に妊娠中と誤認識させます。

ホルモンバランスをリセットして整える

トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの相乗効果により避妊効果を発揮しますが、トリキュラーを服用する事で月経周期やホルモンバランスが整えられ、生理痛やPMS、更年期障害などの症状緩和にも有効とされ、酷使されている卵巣や子宮を労る事が出来、女性特有の疾患を予防する効果も期待できます。

トリキュラーは21錠と28錠の2タイプ

トリキュラーには、21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

21錠タイプは月経初日より最後まで毎日1錠を定刻に服用し、22日目より7日間は休薬期間なので29日目にリセットして新しいピルシートで服用を再開します。

28錠タイプは、21錠タイプに偽薬(効果なし)の7日分が追加されており、初日より28日目まで毎日1錠定刻に服用し、29日目により新しいピルシートで服用を継続しするだけなので、とても用法用量の簡単な経口避妊薬です。

公開日: