PMSと更年期障害は症状が似ているが違いは何か?

PMSと更年期障害は似ている症状が多くあります。

近年では更年期障害になる若年化が見られる傾向があるため、PMSとの区別が難しいというケースが増えてきています。基本的にはどちらもホルモンバランスが変化することによって引き起こされます。

PMSは生理前の数日間

PMSは生理周期に合わせて引き起こされる症状で、女性ホルモンが原因だとされていますが、完全には解明されていないのが現状です。

排卵日を少し過ぎたあたりから月経が始まった数日後まで症状が続きます。

具体的な症状としては、イライラしたり怒りっぽくなる、情緒不安定になったり、腰や下腹部の痛み、乳房が張ったり、体重増加をする他、疲れやすさやだるさ、肌荒れ、眠気や不眠などが起こりやすいとされています。

改善するためには生活習慣の改善やストレスの軽減などライフスタイルから見直していく必要があります。カフェインやアルコールは飲みすぎないようにする、ホルモンバランスの整えられるハーブティーなどを取り入れてみる、排卵日あたりから塩分を控えるようにしたり、質の良い睡眠をとるように心がけていくことなどが効果的です。

更年期障害は症状が異なる場合もある

対して更年期障害が引き起こされるのは生理前とは限らず、症状も日によって異なることも多くあります。原因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少し始めることによって引き起こされると考えられています。40代半ばほどから始まり閉経前後まで続くのが一般的です。

具体的には、イライラやうつ状態、不安感、頭痛や腰痛、腹痛、肩こりや疲れやすさ、動悸や息切れ、のぼせやほてりなどのほか、不眠などが引き起こされます。

改善するためには薬の他に、軽度の場合には生活習慣の見直しで改善するケースもあります。1日の生活リズムを整えて、ホルモンバランスを整えるビタミンEを意識しながら栄養バランス良く規則正しい食事を摂る、適度な運動をして血行を促進させ、ストレスを発散させて解消する、お酒やタバコなどは控えて、暖かい服装を心がけます。

PMSか更年期障害かしっかり見極める

比べてみるとよく似た不調が引き起こされるため、自分ではどちらなのかわかりにくいことが多くあります。しかし全く違うものですので、混同せずにしっかり治していくことで不調を改善していくことに繋がります。

また、足りない栄養素などはサプリメントで補うこともおすすめです。女性ホルモンが減ると骨の量が減り、骨がもろくなって骨粗鬆症になりやすくなるため、意識してカルシウムを摂ることも大切です。

PMSで一番多いと言われるの「だるさ」を解消する方法

PMSは生理の3~10日前から、だるさや頭痛、イライラなどの症状が起こります。

自分の意思に関係なく起こるもののその原因が人にはわかりにくく、理解されにくいため多くの女性が人知れず悩んでいると言われています。PMSの症状の中で、一番多いと言われているのが「だるさ」です。

リラックスで改善に繋がる

だるさの原因が、血行不良やむくみよる場合、冷えを解消したりリラックスすることが改善に繋がることもあります。

  • 体を温める

具体的な方法としては、冷たい飲み物を避けココアや白湯などの温かい飲み物をとる、ぬるめのお風呂に長めにのんびりとつかること、湯たんぽを活用したりゆったりとした靴下の重ね履きにチャレンジするなど冷え性対策をしてみることなどがあります。

  • リラックスする香り

また、副交感神経を優位にするような行動を取るとリラックス出来るので倦怠感の軽減に効果的です。

特に香りは自律神経への影響が大きいと言われているので、リラックス効果のあるラベンダーやカモミールなどが良いでしょう。しかし香りには好みがあり、リラックス効果があると言われているものが苦手であれば好きな香りのアロマテラピーを取り入れるのも良いでしょう。最近では、枕や衣類などにスプレーできるタイプのものなども販売されているので手軽に取り入れることが出来ます。

  • 血行を良くする

その他にヨガやストレッチなどの運動は、血行を良くするだけでなく交感神経と副交感神経のバランスを整える効果があると考えられています。

また、夜遅くまで強い光を浴びると自律神経のバランスが崩れがちになります。夜遅くのスマホやパソコン、テレビなどを避けて、寝る30分くらい前からは部屋を薄暗くしてキャンドルの明かりを楽しんだり、静かな音楽などをかけることも効果的です。

気にしすぎることにも注意

また、自分の症状に注意を向けすぎることが倦怠感を強くする原因になることも考えられます。

だるいからと休みの日に一日中横になっていると、夜眠ることが出来ずに逆につらくなるばかりでなく、自分の症状に注目してしまいよりつらく感じてしまう可能性があります。自分の好きなことに打ち込んだり、散歩や軽い運動をする、ちょっと出かけて好きなことをすることで、倦怠感を感じずに過ごすことが出来ることもあります。

また、PMSを起こす時期以外の生活も大切になります。

冷えの改善は特に症状がある時だけ実行するよりも、普段の生活から改善に取り組んでいくことが大切です。PMSは生理周期に関係しているため、毎月のように訪れる人もいます。毎月だるさでつらい思いをするよりも、日ごろから冷えを改善したり、軽い運動を取り入れるなど生活を徐々に変えていって、改善を目指していくことが大切です。

個人輸入で気軽に購入する「トリキュラー」は代行サイトを利用しましょう

まだ子供を持つ気持ちがないという場合は性行為の際は避妊対策はきちんと行っておくことが大事です。

基礎体温をつける、男性側に避妊具をつけてもらうなど様々な方法がありますが、それだけでは完璧というわけではありません。男性側が避妊具をつけたがらないという場合もありますし、避妊具も破損してしまうことがありますので、よりしっかりと対策をしておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。

より避妊を完璧に行うなら低用量ピルを利用することもおすすめです。

避妊薬「トリキュラー」は処方が必要

トリキュラーも有名な薬の1つで、こちらは女性が飲むことで避妊対策がしっかり行えるようになります。

1日1錠飲むだけですので、忙しい人にも取り入れやすい方法ですし確実性の高い避妊方法です。毎日正しく飲むことが大切ですので、飲み忘れのないよう服薬の管理はしっかりと行っておきましょう。もし飲み忘れた場合は別の避妊方法を試すなどで対応していくこととなります。低用量ピルの購入方法についても知っておきたいですが、婦人科などの医療機関で処方してもらうことが出来ますので、相談してみましょう。+

より気軽に購入したい、病院へ行く時間が取れないという場合は個人輸入を利用することがおすすめです。

個人輸入での入手方法

個人輸入の良い点は、まず病院へ行く手間がなく、インターネットからいつでも好きな時間を利用して注文出来るということがあげられます。

個人輸入は初めてという人は難しいというイメージもあるかもしれませんが、代行サイトを利用すれば特別な知識や外国語は必要ありません。難しい手続きはすべて業者が行ってくれますので、いつものオンラインショッピングのように、商品を選び、買い物かごに入れ、購入手続きを進めていきます。

支払い方法もクレジットカード、振り込みなど様々な方法が用意されていますので、それぞれに合う方法を選んでいきましょう。しかし発送してくるのは外国となりますので、代引きが使えない場合が多く、代引きが使える業者は注意が必要と考えておいた方がいいでしょう。

忙しい人、医療機関に行くことに抵抗があるという人も病院に行かなくても薬が購入出来るのはとても便利ですし、病院で購入するよりも安く提供されていますのでより低価格で薬を入手出来るのもメリットです。この場合も正規品を選ぶことが大切ですので、正規品保証のある信頼ある代行サイトを選ぶことが大切です。代行業者は多く存在しますが、安さだけで選んでしまわず、業者の評判はよく調べておきましょう。

そして、届いた薬の名前がわからないようにするなどプライバシーに配慮されているかなど、サービス内容もよく比較しておきたいところです。

PMSとは?女性なら知っておきたい基本的な症状

生理前になるとイライラしたり、憂鬱になったり、頭痛がしたりといった様々な症状があります。このような症状をPMS(月経前症候群)と言います。

この症状には個人差があり、全く気にならないという方もいれば、症状が重い方もいます。

ホルモンバランスの乱れが原因となる

このPMSの原因は女性ホルモンのバランスの乱れです。

生理二週間くらい前になると女性の体内のホルモンバランスが変わります。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、通常は自律神経を整えたり、女性らしい体にする卵胞ホルモンの分泌量が多いのですが、生理前に黄体ホルモンの分泌量の方が多くなります。

黄体ホルモンには妊娠をサポートするために体温を上げたり、水分を保つ作用があります。このようなホルモンのバランスが変わることで様々な影響が現れるのです。

イライラしたりだるさなどの症状

その症状は大きく分けて、精神的なものと肉体的なものがあります。

精神的なものとしては、集中力がなくなったりイライラしたり、情緒不安定になったりといったものです。これは自律神経を整えていた卵胞ホルモンより黄体ホルモンが多くなることにより現れるのです。

また、肉体的なものとしては、頭痛、腰痛、倦怠感やだるさ、のぼせやむくみ、便秘や肌荒れなどがあります。これらもやはりホルモンバランスの乱れによるもので、特にのぼせやむくみ、肌荒れは黄体ホルモンの作用によるものです。

黄体ホルモンには妊娠をサポートする他にも、皮脂の分泌量を増やす作用があります。そのため普段のスキンケアでは余分な皮脂を取り除けないため、毛穴詰まりをしやすく、ニキビや吹き出物ができやすくなるのです。また、これらのPMSの程度はホルモンバランスだけでなく、生活習慣や食生活、性格の影響もあります。

生活習慣からも症状が出る

喫煙や不規則な生活をしていると、頭痛や腹痛が酷くなる場合もあります。また、生真面目な方は精神的に落ち込みやすくなる場合もあります。このようにPMSには普段の生活や性格も影響するのです。

そして生活習慣や性格などがさらに影響を与える場合もあります。個人差がありますが、辛い場合は生活習慣の改善やピルなどの服用により改善できます。ピルには女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、重い腹痛など肉体的なものもイライラするといった精神的なものも和らげることができます。

ですからPMSを緩和したいという方は一度、産婦人科で診察してもらうことをおすすめします。