PMSとは?女性なら知っておきたい基本的な症状

生理前になるとイライラしたり、憂鬱になったり、頭痛がしたりといった様々な症状があります。このような症状をPMS(月経前症候群)と言います。

この症状には個人差があり、全く気にならないという方もいれば、症状が重い方もいます。

ホルモンバランスの乱れが原因となる

このPMSの原因は女性ホルモンのバランスの乱れです。

生理二週間くらい前になると女性の体内のホルモンバランスが変わります。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、通常は自律神経を整えたり、女性らしい体にする卵胞ホルモンの分泌量が多いのですが、生理前に黄体ホルモンの分泌量の方が多くなります。

黄体ホルモンには妊娠をサポートするために体温を上げたり、水分を保つ作用があります。このようなホルモンのバランスが変わることで様々な影響が現れるのです。

イライラしたりだるさなどの症状

その症状は大きく分けて、精神的なものと肉体的なものがあります。

精神的なものとしては、集中力がなくなったりイライラしたり、情緒不安定になったりといったものです。これは自律神経を整えていた卵胞ホルモンより黄体ホルモンが多くなることにより現れるのです。

また、肉体的なものとしては、頭痛、腰痛、倦怠感やだるさ、のぼせやむくみ、便秘や肌荒れなどがあります。これらもやはりホルモンバランスの乱れによるもので、特にのぼせやむくみ、肌荒れは黄体ホルモンの作用によるものです。

黄体ホルモンには妊娠をサポートする他にも、皮脂の分泌量を増やす作用があります。そのため普段のスキンケアでは余分な皮脂を取り除けないため、毛穴詰まりをしやすく、ニキビや吹き出物ができやすくなるのです。また、これらのPMSの程度はホルモンバランスだけでなく、生活習慣や食生活、性格の影響もあります。

生活習慣からも症状が出る

喫煙や不規則な生活をしていると、頭痛や腹痛が酷くなる場合もあります。また、生真面目な方は精神的に落ち込みやすくなる場合もあります。このようにPMSには普段の生活や性格も影響するのです。

そして生活習慣や性格などがさらに影響を与える場合もあります。個人差がありますが、辛い場合は生活習慣の改善やピルなどの服用により改善できます。ピルには女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、重い腹痛など肉体的なものもイライラするといった精神的なものも和らげることができます。

ですからPMSを緩和したいという方は一度、産婦人科で診察してもらうことをおすすめします。

PMSとは?女性なら知っておきたい基本的な症状” への1件のコメント

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です